カプセル利用方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

カプセルホテルの利用について説明します。
※ あくまで例です。施設によってチェックイン方法や料金の支払いが異なります。

下駄箱に靴をいれる。

下駄箱に靴をいれます。下駄箱の鍵は忘れずに。

 

チェックイン 

下駄箱の鍵をスタッフに渡して、利用料金を支払います。カプセルの上段・下段を聞かれますので希望を言います。マッサージを希望する場合はチェックインの際、予約するのが良いでしょう。

上段のメリット
デメリット
しわ防止のため梯子にスーツなどを掛けられる。(最近はあまり見かけません。)上から見渡せる。(気分的にいい)
酔ってる時に登るのは危険です。
下段のメリット
デメリット
梯子を登らなくて済む。カプセルの奥は死角となるため、
カプセル内で他のお客と目が合うことがない。

ロッカーで館内着へ

ロッカーで館内着に着替えます。ロッカーの鍵は館内で食事をしたり、マッサージを受ける際に必要になりますので、失くさないように注意しましょう。  ロッカーキーを紛失すると罰金を科せられる場合があります。)

 

カプセルの利用

カプセルに入ります。上段の場合はサイドにあるハシゴを使用してカプセル内に入ります。

 
 

照明を点けます。つめみで調光できますので、好みの明るさにします。

もしもの為に非常口を確認します。フロアは迷路のようになっているので、避難経路をしっかりと覚えましょう。

カプセルに入ったら、入り口のブラインドを下ろします。お休みになっている人に配慮してゆっくり降ろします。

 
 

テレビを見たり、ラジオを聴いたり、カプセル内でゆっくり寛ぎましょう。。

カプセルの設備について

カプセル内に設置されているメインパネルからアラーム、調光、ラジオ、テレビのボリュームをコントロールする事ができます。

火災予防の設備も各カプセルに設置してあります。カプセル内でのタバコは厳禁です。

テレビは民放と施設によっては有料で衛星放送やポルノを見ることができます。
衛星放送やポルノはお試しで30秒ほど見ることができます。いいところで下の画面に切り替わります。(泣)

大浴場・サウナの利用

貴重品には十分注意しましょう。利用する前に貴重品はセーフティボックスやフロントに預けましょう。 

レストランの利用

レストランでは注文の時、ロッカー番号やバーコードで注文し、チェックアウト時に精算します。(施設によっては現金で支払う場合もあります。)

 

「美味しそ~!やっぱりお風呂のあとはコレですね!」

「男の幸せを感じます。つぎは刺身と焼酎!」

ビジネススペースの利用

ビジネススペースではデスク、電源、WIFI・有線LANケーブルが備えられており、デスクワークを行うことができます。

チェックアウト

ロッカーキーを返却し、マッサージ料やレストランの飲食代の支払いを行います。
チャックアウト時間は非常に混雑する場合があるので、早めに済ませる事をお勧めします。